【レビュー】iZotope Tonal Balance Control:帯域バランスの良いミックスを作るのに便利なプラグインです

Tonal Balance Controlとは?

iZotope Tonal Balance Controlは、市販の膨大な楽曲のデータを元に、

  1. 楽曲の帯域バランス
  2. 低域のコンプレッションの度合い

の2点が最適かどうかを判断するためのツールだ。

Tonal Balance Controlが指し示してくれるリファレンスターゲット(=最適かどうかの指針)は、プロのエンジニアがマスタリングした数多くの楽曲を対象とした、機械学習の結果が元になっている。Tonal Balance Controlの診断結果には、一定の信頼性があると考えてよい。

Tonal Balance Control vs. Metric AB

マスタリング作業において帯域バランスを確認するのであれば、正直、以前の記事で紹介したMetric ABの方が高性能で便利だと思う。

ミックス作業に必須!音源比較プラグイン「ADPTR AUDIO Metric AB」を徹底解剖

だけど、ミキシング作業において帯域バランスを確認する場合、Tonal Balance Controlの方が便利だし、お手軽に使うことができる。※理由は後述。

Metric ABに対する優位性

マスタートラックの音量レベル調整が不要

Tonal Balance Controlでは、マスタートラックの音量レベルに関わらず、同じように楽曲の帯域カーブを表示させることが可能。Metric ABの代わりに、Tonal Balance Controlを使う最大のメリットがコレだ。

自分ひとりで楽曲を完パケするようなときは、ミキシングを行った後、マスタリングまでそのプロジェクトファイル内で行ってしまうことも多いはず。だけど、マスタリング後は音が大きくなる。リファレンス音源と比較するためには、再度Metric AB上で音量のマッチング作業を行い、リファレンス音源とレベルを合わせなければならない。この作業が結構面倒。

一方でTonal Balance Controlは、マスタリングの前後で、レベルマッチング等の作業は不要。そのため、マスタリング前のミキシング作業において、帯域バランスを整えるのに役に立つ

ミキシング作業をしているときは、Tonal Balance Controlでざっくりと帯域バランスを整える。その後マスタリング作業をするときには、Metric ABを見ながら緻密に帯域バランスを整える。こういう作業プロセスを取るといい。

Crest Factorで低域のコンプレッションの度合いを測定可能

Metric ABでは、Dynamicsという項目において、楽曲全体のコンプレッションの度合いを測定することができる。しかし、低域にフォーカスして測定することはできない。

一方で、Tonal Balance Controlは、低域のコンプレッションの度合いを「Crest Factor」というパラメーターで測ることができる。ミキシング作業においては、低域が暴れないように安定させることも重要なので、この指標はそれなりに便利だ。

Crest Factorのインジケーターは、次のような意味合いを持つ。

  • 右側に寄っている時:低域のコンプレッションが強い
  • 左側に寄っているとき:低域のコンプレッションが弱い

ローエンドのコンプ感を設定する上で、参考になるはずだ。

帯域バランスを確認する方法

STEP.1
Tonal Balance Controlをインサート

マスタートラックの最終段に、Tonal Balance Controlをインサートする。

STEP.2
Tonal Balance Controlの表示を確認する

右上のプルダウンメニューから音楽ジャンルを選び(ここではEDMを選択)、ターゲットカーブに沿った表示になっているかどうかを確認する。まだミックスバランスを取っていないため、低域に寄りすぎていることが分かる。

STEP.3
ミックスの調整

ターゲットカーブの情報を参考にしつつ、ミックスを調整する。必要に応じて、各トラックのEQ処理も適切に行う。

なお、プロジェクト内部でOzoneやNeutronを使っている場合、Tonal Balance Control内部よりそれらの設定にアクセスすることも可能(ほぼオマケ機能という印象ですが)。

STEP.4
ミックスの完成

望み通りの帯域バランスに仕上げたら、ミックスの完成だ。

※Tonal Balance Controlの表示は、デフォルトだとBroad(4分割型)になっているが、Fine(カーブ型)に変更しておくのがオススメ。

Tonal Balance ControlについてのQ&A

ここでは、Q&A形式で、Tonal Balance Controlについて書いてみる。僕の主観が元になっているが、ご参考までに。

ターゲットカーブから外れているミックスは、良くないミックスですか?

そんなことはありません。

実際に市販の楽曲をTonal Balance Controlに読み込ませてみると、中にはターゲットカーブから外れる楽曲も存在することが分かる。良いミックスの楽曲であっても、ターゲットカーブに収まらないことはある。

ただし、特にポップス等の商業音楽のジャンルにおいては、大半の楽曲がターゲットカーブの中に収まるのもまた事実。作っている楽曲を提示するマーケットがあらかじめ決まっている場合は、ターゲットカーブを参考に作業をしたほうが捗るはず。

いくらEQを調整してミックスを頑張っても、ターゲットカーブに揃いません。

楽曲次第では、ターゲットカーブに揃えるのは難しいこともあります。

例えば、楽曲を構成する素材の中に10kHz以上の成分が含まれているパートがなければ、10kHz以上の帯域を、ターゲットカーブのようにきれいに伸ばすことは難しい。編曲(トラックメイキング)の段階で、そこは考慮する必要がある。また、無理にEQでバランスを整えようとすると、不自然な音質になりやすいので注意。

購入方法

Tonal Balance Controlは、単品でも買えるけど、Tonal Balance Bundleに含まれている製品でもある。僕も実際、バンドルに入ってたので試してみたところ、結構良いなと思うようになり、スタメンで使うようになった。

Tonal Balance Control単品で買うと割高だし、わざわざ買う必要があるかは微妙なライン。そこで、Ozoneの上位グレードが欲しくなったときに、アップグレードがてら、Tonal Balance Bundleを購入するのが良いと思う。

iZotope製品はアップグレードのパターンが多岐にわたっている。Wavesバンドルからクロスグレードできるようなバンドルまであるので、お手持ちの製品に合わせて賢く選択したいところだ。

iZotope Tonal Balance Bundle Crossgrade from Waves