【裏技】RMEのUSBオーディオインターフェイスの接続を安定させる方法

Windows環境において、USBオーディオインターフェイスの動作が不安定なときの対策方法を紹介します。

注意
デスクトップパソコン限定の対処法です。

RME製品でも100%安定するとは限らない

USBオーディオインターフェイスが安定して動作するかどうは、おおむねドライバの完成度で決まる部分が大きい。

  • RMEのオーディオインターフェイス:安定して動作しやすい
  • ドライバが低品質なオーディオインターフェイス:たまに接続が途切れたり、音が出なくなったりすることがある

さて、ここでこんな疑問を提示してみたい。

じゃあ、RMEのインターフェイスならいつでも完璧に動くの?

その答えは?というと……実はNo!たとえRMEのオーディオインターフェイスであっても、実は100%安定して動くとは限らないのだ。OSやハードウェアとの相性次第では、挙動がおかしくなることもある。僕は実際にそんな経験をしている。

僕は10年ほどRMEのインターフェイスを愛用している。10年間で計4台のWindowsパソコンを使ってきた。そのうち、デフォルトの設定だと挙動がイマイチなことは2回あった。その体験談を紹介する。

先に結論:USB拡張カードを使えばOK

先に結論を書いておく。「挙動がイマイチな状態」をどうやって解消させたかというと、

  • ルネサス(Renesas)のUSB拡張カードを使う

これでOK。2回中、2回ともこれで解決している。

PC本体のUSBポートではなく、増設したルネサスのUSBカードのUSBポートに、オーディオインターフェイスを接続すればOK。これで完璧に動く。

RMEのUSBインターフェイスの挙動が怪しかった2例

1例目:2014年~突然不調に見舞われる~

現象

2013年に新調したPC(Intel Haswell世代)を使って1年が経過しようとしていた。そんな中、突然Fireface(RMEのオーディオインターフェイス)の挙動がおかしくなる。症状は次の通り。

  • Cubaseで制作していると、突然プロジェクトがフリーズする
  • Firefaceの電源をOFF→ONするとフリーズが解消され、プロジェクトが復活する

思い返せばこの現象、1年前からたまに発生していた。なので実をいうと、PCを組んだ当初から問題があったことになる。とはいえ、2014年になってから頻繁に発生するようになった現象だ。Firefaceも購入してから3年ほど経つし、そろそろFireface本体が老朽化してくる時期なのかな?程度に当時は考えていた。

修理に出すも……

その後しばらく使い続けても、同様のフリーズ現象が収まることはなかった。熱暴走なのか、本体の故障なのか……自分では判断できなかった。そこで修理に出すことにした。

修理に出せば直るものだとばかり思っていた僕は、メーカーからの連絡に驚くことになる。

「製品に異常は見当たりません」

これが検査結果だった。その後、修理から帰ってきたFireface。点検してくれた方からは「USB通信の滞りが原因では?」というコメントをもらっていた。

そこで、ひとまず次の3つの作業を試すことにした。

  • USBセレクティブサスペンドの無効化
  • OSのクリーンインストール
  • 別のUSBポートを試す

結果はどれも効果なし。僕は大きく落胆した。何より「修理費用は発生しているのに何も解決していない」ことのダメージが大きかった。

そして解決へ

本体に異常がないなら別のインターフェイスに買い替えても意味ないよなぁ……もういっそPCIeタイプのインターフェイス(RayDAT)とかに買い換えようか……と思っていた矢先。修理の方に「最後の手段」として挙げてもらっていた解決策を思い出す。それが、

  • USB拡張カードの増設

この方法だ。半ば諦めながらも、ダメ元でPCIeのUSB拡張カードを購入した。購入したのはエアリア SD-PEU3R-2E2ILだ(現在は販売終了)。「ルネサスチップが良い」という話を聞いていたので、ルネサスチップ搭載の製品を選んだ。

もともと諦めかけていたので、あまり期待はせずに、購入したUSB拡張カード経由でインターフェイスを使用していた。だけど、1日使い続けてもフリーズはしない。3日経っても大丈夫。そして、不具合のない状態が1週間、1ヶ月と続いてくれた。期せずして、問題は解決してしまった。

原因は、USBコントローラーとオーディオインターフェイスの相性問題でした。こんなことってあるのか……と、非常に勉強になったのを、今でもよく覚えている。

ちなみに、当時使っていたパソコンのマザーボードは「ASUS H87-PRO」。当時ネットで調べてみると、確かにUSBの認識の不具合の情報が少し報告されていた(当現象との関連は不明だが)。

2例目:2020年~Ryzen搭載のPCを導入したとき~

現象

新たにAMD Ryzenを搭載した自作PCを組んだとき、次の現象に見舞われた。

  • バッファサイズが128sample程度でも全く音が出なくなる

今までのパソコンであれば、バッファサイズが128sample程度なら余裕で再生が可能だった。何かがおかしい。

解決方法

2014年のときと同じように、

  • ルネサスチップ搭載のUSB拡張カードを使う

という方法により、解決に至った。拡張カード経由でオーディオインターフェイスを使えば、問題は発生しない。

また、パソコン本体のUSBポートを使う場合であっても、USB3.0ではなくUSB2.0のUSBポートを使うことで、若干の改善が見らることも分かった。今回も、USBコントローラーとの相性問題が原因だったと考えられる。

まとめ:不具合に悩んだらUSB拡張カードを試してみよう!

別に製品が壊れているわけでもないのに、USBコントローラーとの相性問題のせいで、オーディオインターフェイスの挙動が不安定で困っている……

そんな状況の人が、ひとりでも減ることを願うばかりだ。ここではルネサスチップ搭載のUSBカードを2つ紹介してみたい。

ルネサスチップ搭載のUSBカード

エアリア

エアリア社のUSBカードの中で、ルネサスチップ搭載かつ、現在入手可能な製品は「SD-PEU3RB-2L」だ。

エアリア SD-PEU3RB-2L

玄人志向

同じくルネサス社のチップを搭載しているUSBカードを紹介しておく。「玄人志向 USB3.0RA-P4-PCIE」だ。

玄人志向 USB3.0RA-P4-PCIE

おわりに

もちろんルネサスチップが絶対に良いとは限らない。「相性問題を解消するためには別のUSBコントローラーを試すのが効果的」というのが基本的な考え方だ。このことを踏まえて、お困りの際にはUSBカードを導入してみてほしい。